スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつの間にか・・・

気づけば・・・一年放置してました。

忙しさはあいかわらずですが
中学生になった一番下の娘の
ミニバスにくっついて歩いてたので
あっという間に時間が過ぎていました。

真ん中の息子も思春期ど真ん中
匂いも真っ盛り

大量の洗濯物と食糧と・・・
まったく片付かない部屋との
戦い・・・

忙しくてよかったことは
少しやせたこと

フェイスブックばっかりだったので
少しブログも書いていこうと思います。


みんな 元気かなぁ。
スポンサーサイト

避難所の癒し

避難所では作業のある時以外は
外部の人間は中には入れない。
居住空間だから。

ノロウイルス対策や食中毒対策で
消毒やマスクの着用が絶対だし
被災者の方もくつろげないだろうな。

子ども達は、エネルギーの発散場所がなく
退屈なのか、作業していると
熱い視線を投げてくる。

もちろん受け止めましたよ~。

シャイなSくん、おしゃまなAちゃん
元気印なKくんとまるで三人のおっかさんみたいになって。

避難所の人気者たちは
明るくて、笑顔に救われた

ありがとね♪

DSC_0092.jpg

どこに?

先輩に東北の現状を聞いた。

高速道路が通れるようになって物質が行き渡ってきたと。
お店の商品も揃ってきたらしい。
ただ、道の狭いところを通ってでしか行くことの出来ない集落や避難所へは、
未だに届けられない。

仙台市の瓦礫は、通常処理する23年分
どこに持って行くのだろう?

地盤が沈んでいるからか水がなかなか引かなくて
家から土砂が出せなかったり
反対に、乾いてしまって汚泥が固まってしまい
取れにくくなったり、重くて運べなかったり。
圧倒的に人手が足りないらしい。

労働組合の上部団体の支援活動も募集が始まった。
指令が出ればどちらへでも行くつもり。

子どもって、環境が違うと食べられないことがよくある。
食べないとグズって、周りの目が気になって
母親はしんどい。

月齢に合った食べ物があるのか心配だな。
子どもの居るところに支援に行きたい。

まずは自分の体調管理をしっかりしておこう。

東北支援活動

会社の支援活動に行っている大好きな先輩から
電話をもらった。
今は少し落ち着いているように見えるが
少し海側に行くと瓦礫の山に圧倒されるらしい。

私も、4月には行く予定。

また報告します。

私に出来ることってなんだろう?

不安でいっぱい。



プロフィール

miegon

Author:miegon
人生 プラマイゼロ
これからまだまだ楽しめる!
意地っ張りも 泣き虫も
全部ひっくるめて
わたしだもんね

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
国産小麦シリーズ「たいやきさん」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。