スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集中豪雨

朝の支度をしていた。
なんだか 薄暗くて遠くでごろごろ。
早く出よう!!
ドライヤーをかけていてて気づかなかったが
雷が近づいてきた。

突然 停電。

部屋はさらに暗くなり雷の大合唱!!

すると 唐突に雨が降り始めた。
屋根が壊れてしまうのでは??と思うほどの強さで
まさに バケツの水をひっくり返したような雨だった。

時間にして10分・・・滝のような雨だ!
道路まで出ると もう冠水していました。
080829_0959~01

あ~あ・・・

会社にTELしてみると 会社の周りも冠水しているらしい。

水の中に立ち往生している車もあり 大渋滞になっている。

探り探り高いところを走り
なんとか 進んでいるとこんなのが!!


080829_1027~01


ふたが 圧力でひん曲がって隙間から
間欠泉のように 噴出す水

すごいな。
自然の力って・・・

ここ何年か 世界中で起こってる集中豪雨
何か自然が怒ってる気がしてくる。

人間は山を削り 川をコンクリートで固め 地面をアスファルトで覆い
エアコンの室外機で 地球を暑くしている。


海の水が 熱せられ 水蒸気になり雲を作り上空で冷やされ雨になる。
雨は 大地や木々を潤し 山に蓄えられ 時間をかけて川になり
山の肥えた土を押し流し 肥沃な大地に 植物を育て
最後には 海に帰る。

そんな 当たり前のことを繰り返してきた地球を
誰が 変えてしまったのだろう。

そんな 何億年と繰り返してきたことで作ってきた文化を
人間の都合で変えてしまうんだろう?

しっぺ返しを くらっているのにまだ気づかないのだろうか?

人間だけが住んでいるんではないのだから・・・。
スポンサーサイト

悩み相談室その2

先日 相談のあったTくんから報告があった。

『離婚を前提として 話が進んでいます・・・。』
落ち込んでいた。

『そっか~・・・』
なにも 言ってやれない。
半分は自業自得だからな。

『そんなに 奥さんは頑ななんだね。子どもはどうすんの?』
育てられないのは わかってるが 聞いてみた。

『・・・・』
答えは なんとなくわかる。

でも タイミングが悪い。

彼と奥さんは 同じ職場で部署が違うだけ。
今度 大掛かりな異動があるのだ。

『あんた 確実に転勤じゃん? 別居するにしても
籍を抜いたら 引越しだからさ 飛んで火にいる夏の虫 だよ~』
『俺も そんな気がしてきた。』

いいパパをしてた。
自分の子じゃないのに 父親会まで顔出して
ウチの旦那に 爪の垢せんじて飲ませたいくらいに 頑張ってたのに・・・

『どうする 関西とか 関東とか 東北とか 北海道とかだったら?』
『・・・・・・・』

強がって 開き直ったような冗談を言って
私に 怒られて しゅん となる。
『ばーか!』

後悔だけはして欲しくない
私は 親の記憶がないから 思い出もないから
何ていうか つかみどころがない
漠然とした 寂しさだった。
彼の子ども達には お父さんのやさしい思い出があるから
身を裂くほどつらいだろうな。

男としては とんでもないヤツかも知れないけれど
子ども達には 大好きなお父さんだろう。


私もそう思うから 私の気持ちだけでは離婚を決意できないでいる。


時間が必要だよ。
紙切れより 心を大切にして欲しい。
奥さんと 本気で本音でじっくり話して欲しいし
上の二人の子供にも 話を聞いてやって欲しい。
思春期真っ只中 多感な年頃の女の子がいる。 
うちの子みたいに 爆発してしまったら
壮絶な戦いが始まるんだよ。

彼のご両親は 最初反対だった。
『それを 説得して結婚したんだから
そのときよりも 相当のエネルギーが要るんだよ。』
『奥さんの親も 今は元気だから 奥さんは危機感がないんだよ。
いつ 何があるかなんてわかんないのに・・・』

私のセリフが 宙を舞っている。

5人分のこれからの人生の可能性をかけて
魂こめて 話し合え!

それで 出した答えが 合ってるか間違ってるかは
未来が教えてくれる。
そのときそのときで 最善を尽くして
胸をはって キズを癒すしかないだろう。

岐路に立っている今が 勝負なんだよ。

健闘を祈ってるからな~。





元部下の旅立ち

今日 元部下のみやこちゃんが挨拶に来た。

ウチの別会社に転職をしたのだ。

みやこちゃんは 今年の1月の辞令で
別の部署に変わっていった娘だ。
22さい おっとりして見える可愛い娘だ。

2ヶ月くらい前に 今の彼女の上司のKちゃんに
『あの娘 辞めるって言ってるの・・・』 とは聞いていた。

私のところにいたときは 部下は全部で8人
なかなか ゆっくり話すことも出来なくて
気にはなっていた。
そうこうしているうちに 辞令がおりて離れてしまった。

そんな彼女が 相談がある というので
話す機会が持てた。

『東京に いきたいのです。』
大学生だった彼氏の就職が決まったからだとか・・・
早すぎるよ!! 結婚とか 考えているのか・・・と心配になり
仕事は どうするのか聞いてみた。
『この仕事が 本当に好きなんです。でも メイクアップのほうに
力を入れて勉強したいんです!!』
よそ様の大切なお嬢さんを 預かる身(元上司ですけど)
早まっているなら とめなければ!!!


私たちの仕事は やはり商品を売るためである。
純粋に メイクアップを仕事にしていきたいと彼女は思っているらしかった。
もう そこの試験まで調べて受けにいくつもりだ。 と・・・。
真剣だった。
決して 彼氏についていきたいだけでは無いみたいだった。

気持ちは よくわかる。
いくら メイクが好きでも 結局は毎月の目標に振り回されてしまうのだ。
商売人になってしまうのが 私もつらい時期があった。

でも 正直 心配だし 甘いのでは?と 思ったし
おっとりタイプの長女気質な彼女に出来るわけない・・・
などと 思っていた。 

親御さんは どう 思っているのか?
住むところは? いろいろ話を聞いてみて・・・
きちんと 考えていることが伝わってきた。
『ダメかも知れないけど やってみたいんです!!後悔したくないから』
みやこちゃんの 目を見ていたら ひたむきで
ひとつひとつ 言葉を選んで話してくれて
応援したいと 心から思えた。

試験は 合格した。

本当に おめでとう!!
みやこちゃんは 輝いていた。
きらきらした笑顔で 希望に満ちていた。

来月8日には 行ってしまう。

何にも してやれない とほほ上司でしたけど
報告にきてくれて 嬉しかった。

夜になって メールがきた。
『不安もいっぱいありますが やれるだけやってみようと思います。』

返信・・・
『つらいときは みんながいるからね。いつでも TEL メール 大歓迎ですよ。
みやこの 活躍を遠い故郷の空から 応援&見守っています。』

若いっていいな~。

私も まだまだ遣り残したことが たくさんある。
みやこちゃんの おかげで思い出した。
私もがんばるよ。





ウチのアイドル

我が家のアイドル

じゃ~ん!

P1000229_convert_20080826231536[1]

チワワの チャタくんです。

3さい ♂ 

好奇心旺盛な やんちゃくれです。

雨が 降っていない今のうちに
お散歩にいってきま~す。

夏祭り

夕べは 学区の夏祭りでした。
心配していた雨もあがり 校庭にはたくさんの人
ちびっ子達は 話に花が咲き
親をほったらかし 走り回っている。
いつも 遊んでいる面々も さらに真っ黒だ。
父兄達も 早くからビールを呑んで 浮かれている。
高校の同級生で 子どもが同級生のT君も
タオル鉢巻で 汗をかきながら
焼きそばを焼いている。
『後で 買いにこいよ~』 と 叫んでる。

ウチの学区は転勤族が多く 八月初旬は人口が減る
ちと 大げさだけど だからラジオ体操も7月いっぱいで終わるし
集まらないので 水泳教室もない。

夏祭り開催には役員さんが必要だ。
転勤族の奥様達は 転勤してきて
なじむために 役員を引き受けてくださるのだ。
私のように 貧乏暇なしのモンには神様に見える。
そんな 奥様達が故郷から帰ってきて
最初の お仕事が 夏祭り
本当に ありがとうございます。

焼きそば うどん フライドポテト かき氷 
的あてゲームに くじ引き 釣堀ゲーム
などなどの 屋台(?) 
(今年は 甘いものがなかった・・・みたらし団子・・・)
フラダンスなど 出し物があり
暗くなったら 盆踊りです。

全校生徒達の描いた絵で作った何百個もの灯篭に火がつけられ
やぐらのちょうちんと 一緒に浮かび上がるやさしい灯りは
校庭を ほんわかしたオレンジ色に 包んでる。

浴衣を着た女性会のおばちゃん いえ おばあちゃん達が
輪を作り ちびっ子達がそれに続く
笑顔が いっぱいだ。

フィナーレは 花火だ。
役員さんが打ち上げる花火のあとは
子ども達に 花火が配られ
校庭に 花が咲いた。

ちょっと煙たかったけど あちこちで歓声が上がり
色とりどりの 花を眺めた。
涼しくなった 風に腕をさすりながら
名残惜しそうに 花火を楽しんだ。


一夜明けて 今日は 
意外と暑かった。

ウチのちびっ子たちは 宿題の絵を描いている。

さっき 『手伝って~』 というので
色を 塗っていたら 
楽しくて 楽しくて
気づいたら・・・私の絵になっていた

いかん! コレは まずい!
いつの間にか 息子は 漫画を読んでいるではないか!!

上から 好きなように塗って
コレは ばれる!!

娘は 先日の『花火大会』を描いていた。
川面に写る花火も 上手く描けていて
おお!! コレはすごいね~。 
『うん! 写メ見て描いたんよ~』
『・・・・』 そういう手が あったんですね~。
さすが 末っ子! 要領よし!

息子は・・・思いつかないから・・・と
台所にある 観葉植物とその隣の食器洗い機と
麦茶ポットとコップを描いた。

まあ いいけど。
どういう題名をつけるんだろう。
楽しみだ。

夏休みは 残りわずか・・・

大人になっても しみじみできる
思い出に なったかなぁ。


私の大好きな人

私の好きな AKIRAさんのLIVEがある。

9月の10日から13日まで広島 呉 尾道と3市で開催される。
リンクしているので お気づきの方もあるかもですが
AKIRAさんは ミュージシャンであり アーティストであり 小説家である。
12日の尾道では ネアリカのワークショップもあり
一緒に毛糸アートを作るのだ。

いまから わくわくしている。

AKIRAさんの歌には 魂が揺さぶられる
許してくれる 解いてくれる。

皆さんの住んでいる近くでも LIVEがあるかもです。
ぜひ 行ってみてください。

私は 家族のトラウマに苦しみ
自分に自信がなくて 前に進めないでいるときに
出会いました。

私は 私のままでいいと
思えるようになった 恩人でもあります。

AKIRAMANIA
↑↑↑
見てみて!!


パワフルな AKIRAさんに逢えます。

かよちゃん

今日は友達のかよちゃんの子どもを預かった。
いや・・・正確に言うと ウチのちびっ子とお留守番だ。
かよちゃんは 同じ会社の後輩です。
まだ 31歳 とっても美人だ。
同じ支社なのだけれど ウチは支店なので普段は離れている。

ウチの支店で窓口をしている企業様の担当で
今日はこちらでお仕事があるので連れてきた。

子どもは夏休み。
普段は学童保育に行っているのだが
今週はまだ お盆休みなのだそうだ。

かよちゃんは今 半身麻痺のお母さんの介護と仕事と子育てをしている。
半年前 転んだ拍子に頚椎損傷で
昨日まで元気だったお母さんは いきなり入院生活になってしまったのだ。
W母子家庭・・・お母さんに預けて働いているかよちゃんは
パニックになり 泣きながら
『姐さん もうやめる』 と TELしてきた。
『あんたより Sくんが 一番ショックやないの? しっかりしー』

気持ちは 痛いほどわかる。
会社は こういう事情を理解しない。

私は 組合活動もしているので 会社が何もしてくれないのを知っている。
男達は 口ばっかりで どうしたらいいのかわからないみたいだ。
とんちんかんなことばかり 言っている。
それでも 働かなければならない人たちが あきらめてやめていくのを
悔しい思いで 見送ってきた。
上司達は 休め! というが 働かなければ
食べられないし 学童にも 預けられないのだ。

制度を こっちが上手く利用して 今まで頑張ってきた分休むなりするしかない。
しかし 仕事はエンドレスなので まとめて休んでいる訳にもいかない。
へとへとだ。

距離にして80キロ 
かよちゃん家は 遠い。
愚痴を聞いてやるしか出来ないのがはがゆかった。

パニックで 夜もかよちゃんに抱っこしないと眠れなかった。
いままで おばあちゃんと過ごしていたのに
3年生ではじめての学童保育で 緊張し近所や親戚の家では気をつかって
疲れ果てていたのだろう。

久しぶりに会ったSくんは 半年前より 少し強くなっっていた。
かよちゃんと TELしていても ぐずぐず言うことが少なくなっていた。
夏休みだから うちにずっと泊まってもいいよ。と お誘いしたが
かよちゃんが寂しくてダメだという。

ならば 日帰りでおいで・・・ということになった。

かよちゃんから さっきメールがきた。
『めちゃくちゃ 楽しかったらしく 今度はいつ?だって。
困ったときは お互い様だから・・・っていってくれて
めちゃ 嬉しかった。 
いろいろ 考えすぎて 不安だったけど
Sの笑顔見て 考えないで頼ったりしてもいいって思った。
ありがとう 姐さんとちびっ子たち』

大人のいない 夏休みの昼間の我が家は子どものだらけです。

その代わり いろんな決まりごとがきちんとあっての自由だからね!と 言っている。
カレーをあっためて おやつのフルーチェをつくり 片づけをする。
出したものは しまう。 コップは自分で洗う。
自分のことは 自分でする。

それが すごく新鮮で楽しかったのか帰りに
『おばちゃん カレーすごくおいしかった!』 と 言ってくれた。
笑顔だった。

今度は かよちゃんのリハビリもしなくては・・・。
仕事と病院と家のことばかりでは しんどいでしょう。
2人でお泊りにおいで!
いっぱい しゃべって のんで 笑って! ねっ!


P1000092_convert_20080827005729[1]
去年 桃狩りに行ったときの かよちゃん 桃食べ放題にて・・・


同窓会

花火と前後してしまったが 14日は同窓会でした。

高校の同級生
今回は休みが 前よりの人 後よりの人 9連休の人など
ばらばらで 集まりは いまいち。
前よりの人は 込まないうちに・・・と旅行に行って
疲れてるから行けない・・・とか言っちゃって。
後ろよりの人は まだ帰ってない・・・と。
主婦は 13~15日は嫁をしなくちゃ・・・
ってことで 

バツイチ7歳下の彼氏のいる カリスマ占い師Mちゃん♀
主婦だけど大丈夫! Yっちゃん♀
つぼみのまま枯れてしまいそう(本人談)な独身Yちゃん♀
仙台から はるばる帰ってきた Mっつあん♂
卒業アルバムと同じ顔 年が追いついてきたYOっさん♂
幻のバツイチSE ・・・誰だ保護者連れてきたの~??って本人かい。 Hピー♂
そして 私 の7人

つながりは・・・もともとは2年6組の集まりでした。(私 10組)
それが 回を重ねるごとに 口コミで人を呼び
1年3年での仲良し クラブの仲良し 幼馴染
いつの間にか 何の集まりだかわからなくなりました。
フラダンスの先生は いるわ 現役プロレスラーはいるわ
カリスマ占い師はいるわ いまだに音楽をこよなく愛するジョニーはいるわ
・・・・なんだかんだお盛んです。

正月は 16人いたからちょっと寂しいけれど
話は全員で聞こえる範囲なので
幹事としては 食べられて呑めてちょうどいい。
モツなべを囲んで しゃべるしゃべる!!
もー呑む呑む! みんな~ピッチ早い。
次のカラオケもありますよ~。

いつも 確認しあうのは 
とりあえず 知ってる範囲での生存確認
今回は 癒し系 S子のお父さんの初盆で欠席ですが
ほか 異常なし!! よかった。
家出亭主も 同級生なんで・・・
我が家の心配をしてくれて・・・(私の心配はしていないらしい)
いつも 家出した長女の話になるので・・・
今回 長女のバイト先で 開催してみました。
(一石二鳥?)
おじさんたち ダメですよ!! さわっちゃ!!

話も盛り上がりましたが
カラオケが 大盛り上がり!!
歌が 古い!!
サザン 尾崎 米米 聖子 百恵 杉山きよたか THE MODS 
アリス ザ ピーナッツ あみん 石川さゆり たかじん 杏里 
裕次郎 ZARD TRF ガッチャマン 銭形平次 ドリカム 
80年代 アイドルメドレー ・・・・・新しくて コブクロ
7人で 5時間歌うってどうよ!!

大盛り上がりの 大酔っ払いの出来上がりです。
一人減り 二人減り 最後は 女 私一人。
『あーやっと 気ィ使わんでええわ~』
『おお 男ばっかりじゃ』
って・・・おい!!  
わたしは~? 
『気にすんな!』   って・・・。

『お前 飲み屋やれ 常連になってやる』
『絶対 むいとるけぇ』
『わしら~ 行くとこないんじゃ~』

お前らがいたんじゃ 恋もできん・・・
丁重にお断りをして 
酔っ払いを抱えタクシーに押し込んでお開き!!

昔と一緒で バカなことばかり言って
ぜんぜん変わってなくて どうしようもない私達
大人になってまた逢おう!を 合言葉に 
解散した 私達でした。
 
一応 幹事だった私は お金の計算が終わると
さて 呑もう!!
ってことで 昔なじみの BARへ直行!
外が 明るくなるまで 呑んでいましたとさ。

ああ 金の回収をせねば・・・。
Hピー東京に出張してないで金払え~!!








花火

3日続く 祭りの最終日は花火で締めくくられました。
おととしまでは 近くで上げていたので
すぐ前の道まで出れば大きいのや高く上がれば見えるくらい。
生活道路への迷惑駐車や抜け道にされて危険だと苦情も多かったらしく
去年から 河口近くへ会場が移転しました。
埋め立ての工業団地に臨時駐車場がありシャトルバスで移動。
まだ お日様じりじりの3時半から 場所取りです。

去年は 失敗でした・・・。
重しがないため風で飛んでいくので仕方なく・・・
早くから座っていて 暑くて 死ぬかと思いました。
なので 買い物にも行けなくて
屋台の高いビールを呑みました・・・。
通路前だったので ひっきりなしに人が歩いていて落ち着かなかったし。
今年は 賢くなりました(少し)!!
場所は 川のすぐ前!
シートだけでなく 重し(折りたたみイス)と一緒に敷く。
その後 ファミレスに逃げる。
飲み物を買い込んで シートに戻る!
呑みながら 涼みながら暗くなるのを待つ!

ばっちりでした! 完璧でした!

080815_1934~02

080815_1941~02

いい場所取れたでしょ!!

080815_1945~01

080815_2016~01

080815_2016~02

ラストの 連発のでっかいのは 見とれていて
撮れませんでした。

スマイルマークや ドラえもんの顔 ハートマークなど・・・
最近の花火は変わりましたね。
ちびっ子も大満足の一夜でした。


脳みそ沸騰中

最近 あちこちのブログにおじゃましています。
本当に みなさん すごい方達ばかりで・・・
感心することばかり。へえ~ボタンが欲しい。

多芸多才な方々のブログを読んで 
感心したり 考えさせられたり 笑ったり 涙ぐんだり
パワフルさに圧倒されています。

私の経験してきたことの小ささが よくわかりました。

見えてる世間の狭さが よくわかりました。

脳みそが沸騰しています。
なんだか心が震えています。

なんかよくわからないけど やる気になってます。
(だから 何を・・・)

上手くかけないのが
とっても もどかしいけれど
きっといつか 言葉がついてきてくれるとき
ちょっとは 皆さんに近づけるのかな。

修行します。


ところで 話は思いっきり変わりますが
裏県民性 ってのを 私もやってみました。

生まれは大阪東住吉なので
大阪を選んで 質問に答えてみると・・・
私の裏県民性は
『広島県人』・・・・

ええ・・・わたくし広島県民ですけど・・・

読んでみると 広島県民のほうがあってる気がしました。


今度は 広島県出身てことで やってみますわ。

かき氷

暑い!
言ったら余計暑い気がするけど
つい 言ってしまう。

なので やっちゃいました!!
かき氷パーティです。
080809_1517~01

イチゴ レモン  ブルーハワイ 練乳 あずき
お好きなので どーぞ!!

ちびっ子の友達が たくさん来ていたので
大騒ぎ!!
『作ってやるから 外へでろ!!』
スイカと かき氷は 外で食べてくれ。
お願いだ!!
外にシートをひいて パラソルを立てて準備OK。
次から次へと 削っても削っても
食べる食べる・・・ 

汗かいて遊んだあとは かき氷と水遊びだ。

ホースで水をかけてやると 大喜び。
『オバちゃんの車を 洗っておくれ。』

総勢7人で 私のTOPPOくんを
ぴかぴかに してくれました。
『びしょびしょで お母さんに怒られる人は
オバちゃんが 言ってあげるよ。』

『だいじょーぶ!!』

こんな 遊びをしたことがない子が多い。

ウチに カードとかゲームとか持ってくるなと言っていた。
『だって・・・ほかにあそぶものないもん。』って
文句言ってた子も 公園か学校で遊んでいる。
誰かの家で 集まって黙ってそれぞれゲームして
『何が 楽しいんだ?』 って 
さんざん 聞いて嫌がられていましたが・・・

どろあそびとか 水遊びとか ホットケーキパーティとか
お好み焼きパーティとか かき氷パーティとか やらせると結構やる。
準備だけしていれば ばっちりです。

こいつら やればできるんよ。
ダメダメってやらせないから 出来るようにならない。

子供会行事も 大人がやりすぎです。
高学年にやらせたら出来るのに・・・

『今度は 何する?』 って
目をきらきらさせている君達の笑顔は最高です。

涼しくなったらBBQだ!



原爆の日

昨日は『原爆の日』 
朝 8時15分に朝の支度の手を止めて
1分間の黙祷をした。
『安らかに 眠ってください。同じ過ちは二度と繰り返しませんから。』
化粧をした後なのに 涙があふれてきて困った。
私の身内には被爆者はいません。
だけど 小さい頃から繰り返してきた祈りを
欠かすことは いまさら出来ない。

他の県の人は 驚くのだけれど 
私が子どもの頃は 毎年 8月6日は全校登校日だった。
学校で 黙祷をし 原爆について学ぶ一日だ。
『はだしのゲン』の映画を見たり
被爆者の手記を読み ディスカッションしたり
『夾竹桃』の歌を みんなで歌って
被爆して亡くなられた方や 病気になって苦しんでいる方々の
無念さに 涙を流したりしてきた。
復興に尽力してくださった方々の思いも知った。

ここ何年かは 理由はわからないけれど
5日だったり 今年は2日(土曜日なのに)だった。
(今度 子ども達の担任にたずねてみよう。)
『君が代』問題くらいから
わが県でも 平和教育に関して少し変化があったのかもしれない。
詳しいことはわからないけれど。
4年生の社会見学は 原爆資料館。
なので事前に みんなで調べたり
帰ってきて 学んだこと 感じたことを 発表したりした。

いつも聞いているFMでも その時間だけは
『原爆死没者慰霊式』を 中継している。
世界中から来賓が参列し約400万人が訪れる『平和記念式典』
祈りの声が光となり どうか世界に届きますように。

『夏に咲く花 夾竹桃。
戦争を終えた あの日から
母と子どもの思いをこめて
広島の野にもえている。
空に太陽が 輝く限り
告げよう世界に 原爆反対を。

夏に咲く花 夾竹桃
武器を捨てた あの日から
若者達の 願いにみちて
長崎の丘に もえている。
空に太陽が 輝く限り
告げよう世界に 原爆反対を。

夏に咲く花 夾竹桃。
祖国の胸に 沖縄を
日本の夜明け 告げる日を
迎えるために もえている。
空に太陽が 輝く限り
告げよう平和と 独立を。』


30年経っても 憶えていました。
(間違って憶えているかも知れませんが。)


今回の式典に 原爆の研究開発にかかわっていた
化学者の方が参列された。
86歳の女性だ。
使用されることはないと信じていただけに
投下されたショックで 国を離れ
そのために 『原爆スパイ』と 言われていたらしい。

エリートだった彼女が 国を離れ
悔いてきた63年
どれほどの 苦しみだったのかと思う。
平和資料館で 絶句しておられたらしい。
ひどい惨状を見て 150万人の生活を突然奪ってしまった事を
改めて知ってしまった。
参列し 祈っても彼女の心は晴れないであろう。
アメリカが 核開発をやめない限りは・・・
いえ・・・やめても一生晴れないのだろう。
そして 彼女も高齢で平和への訴えも長くはない。

被害国なのに 現実感のない
平和ボケしている 私達が せめて年に一度
振り返り 祈り 誓い 
小さな波紋でもいい
みんなが 身近なことから平和を見つけ
実行していくことが 近道なのかと思う。

やさしさの連鎖で 世界が繋がればいい。












おのぼりさんが行く!神社編

日枝神社を見つけた。
ビルの間ばかり歩いていたから 木々が生い茂るところに
吸い寄せられるように。
大きな山王鳥居が見えて近づいてみると
なんとエスカレーターであがるようになっている。
これが参道なのか?
とりあえずあがってみる。

木々が涼しい風を運んできてくれて気持ちいい。
やっぱり聖域は気持ちいいな。

遊びに行こうと誘ってくれた彼が仕事になり
そっけなく別れた後で くさくさしていたから
参拝を済ませた後 おみくじを引いてみることに。

今の状況は なるべくしてなったのでしょうか?
と 心の中でお伺いをしながらひきました。
なんと『大吉』
『およびなき望も叶い 枯れ木も春艶に逢うて花をひらくなり
この「みくじ」にあう人は卑屈禁物。 志を中道にもち
分別を正しくして進めば 末繁昌なり。』
おお! いいではないの!!
卑屈になっていた私は 『ばれた!』ときょろきょろしてしまった。

嬉しくなって お社に一礼して
もう一度見てみると・・・
欄外に 御歌が。
『気は清く まめに働きて 腹立てず 食細くして 色はうすかれ』
そーか!! そういうことか!!

納得。
食べすぎだし(笑) 
ちょっと 『もしかして・・・あんなことや こんなことが』と・・・
考えすぎていたから(いや~ん)

神様がブレーキをかけてくださっていたのね・・・。


いくら どっちも夫婦が上手くいってないとはいえ
不倫でいやな思いしたのだし
少しは考えなさい!!ってことなんでしょう。

反省。

勝手に好きなだけだから 別にどうこうなろうとは思ってないし。
たまに TELやメールでうきうきするくらいでも
充分楽しいし(ちょっと強がり)。
これでいいのだ。

前回の上京で 浅草寺に行ったときも
彼は出張で 逢えなくて 
おみくじをひいたら 
『待ち人 遅くなって現れるでしょう
信じる心を強く持ち 真の心を尽くせば 将来よいことがあるでしょう。
福徳を得て 本来別離する運命の者とも 別れずに済むでしょう。』
でした。

今の 私では まだ早いらしいです。

得をつんで 真の心で精進します。(礼拝)


(なぜか 一枚も写真を撮っていない・・・
カメラ持ってたのに なぜ??
許しがなかったのね。)

悩み相談室

今日は会議で遠方の仲間達が久々に集った。
昼休みも 食べながらおしゃべり!
終わってからも 
帰りの乗り物の時間を気にしながらおしゃべり!
私は比較的近いので ゆっくりしていたのですが・・・

いつも明るくて ふざけて『今日もきれいだよ』
なんて恋人ごっこしている T君が元気ない・・・。
『姐さん 聞いてくれ・・・』 とな。
『どうした? 浮気でもばれたか?』
『それもある・・・』
おいおい! どうしたんだ?
聞いてみると 自分もばれたが 奥さんもあやしいらしい。
やれやれ・・・
許してくれたらやり直したいのに 奥さんが許さないらしい。
そして 奥さん17歳年下の男と メールしているらしく
知り合いだから 尚たちが悪いと。
毎日メールは全消しで何もないと言い張ってるらしい。
ご飯ものどを通らないらしく 少し痩せていた。

私は基本的に 当人同士で話し合えばいいと思ってる。
だから ウチの夫婦のことも一部の人に報告はしたが
意見は求めなかった。

その彼は初婚で 奥さんはバツ1 子持ち×2人 プラス彼の子ども1人
付き合い始めは 不倫!

(じゃあ あんた達の出会いと一緒じゃん。)

私は のどまで出たこの言葉を飲み込んで
奥さんの気持ちは 一緒ではないかも知れないけど・・・と 断って話した。
『ウチの旦那がしでかしたときに 私が思ったことはね・・・。』

彼は聞きながら絶句していました。
『俺が 言われたのとおんなじだ・・・。』

再婚で小さな子どもがいて 連れ子がいて
旦那がスロットで借金を作り
挙句の果てに 浮気をした。 そこまでは おんなじだもん!
耳が痛かろう。
『スロットで借金作るのが あんたの癖と言うなら 奥さんが生活の鬱憤を
若い男に向けるのも 癖だから 治らないよ。』

厳しいようですが そう思ったから。

私達 営業の仕事は付き合いもあり 時間外のミーティングもあり
誤解も多い。ましてや現場の女の子と 疑われるのなんてよくあること。
私は 女だからそれはないにしても
奥さんは いい気はしないでしょう。 そして事実とくれば・・・。
そして あんたの手口を知っているわけだし。
奥さんの 17歳年下男の件は わからない。
でも 女の嘘は見抜けないだろう。 事実でも。

私は 酔って話さないこと とにかくねぎらえ そして・・・
今度はこっちから 奥さんがそういうなら別れようといってみろ。
と 話した。
借り上げの社宅は 家族で住むことが条件でいいところに住んでいる。
家賃も 破格だ。
そのことを説明し 養育費は一人4万が相場だから(そして20歳まで。)
同じ業種の奥様の給料では 生活は苦しいよ。(私がそうだから。)

女が 子ども抱えて離婚しても 家賃の補助はない。
転勤する男と その家族だけにしか出ないのだ。
そして 母子手当ても 収入でもらえる額が違うのだ。
現実的な話をしてみる。とりあえず ひとつの例として。
あくまでも 俺は別れたくないけどね・・・の スタンスで。
奥様が 若い男に本気なら ダメな作戦ですけど・・・。

情けないことに 今頃になって罪滅ぼしに
家事をほとんどやっているらしく ちょっと鬱っぽい。
昨日なんて みんなプールに行って一人ぼっちだったから冷蔵庫を磨き上げたって・・・
あんた やばいよ。
それやられたら 余計にむかつくけど・・・

よそんちの心配してる場合じゃないのだ。
ウチの旦那 2年も帰ってきません。

男って・・・

夏だ!!

080803_1511~01
プールに行ってきました!!

市内にはプールが6つ(確かそんなモン)ありますが
ただ泳ぐだけでは面白くないと 何か楽しいもんがないと・・・と
ちびっ子が言います。
ガソリンも上がったし ちびっ子の食いっぷりも上がった現在・・・
真剣に考えて(入場料が高いところは はずして)
まあまあレベルのプールに 行ってきました。

売店もあるけど 持込みが禁止でもないので
凍らせたお茶とおにぎりとお菓子をもって行きました。
家を出るまでが大変です。
まず 全身に日焼け止め
腕には UV手袋(ロング)
首にはタオルを巻き
長袖のシャツをはおり
つばの広めの帽子を被り 万全です。
単行本とソニーのデジタルウォークマンを忘れずに!!

駐車場に着く・・・さすがに日陰は空いていないので 
少しだけ屋根のある場所へ止めました。
中に入って 見渡すと・・・人人人!! やっぱ 多いですわ。
まずは 私のくつろぐ場所を探さねば!キョロキョロ。
もう 日陰は占領されています・・・・どこにしよう。
と・・・? 誰かが私を呼んでいる??

担当店のパートさんがご家族で来ていました。
『朝から来ていたので もう帰るから場所をどうぞ!!』 
って うれしー!!
なんていいタイミングなの!!
お礼をたっぷり言って 浮き輪をつぶすのを手伝い
2人の娘さんと仲良しになり 超かわいいの!!
『また今度ね!』 と いつ逢えるかもわからないけど
小さな手を振ってくれて 指きりで約束をしました。

そこはベンチ席で 足を伸ばして座るプールサイドにありがちな席ではないのですが
ちびっ子が 休むにもちょうどいいので
足元にはシートを引き ベンチの上にはタオルで枕を作り 
寝そべり 凍らせたお茶をほっぺの横に置き
待望の 読書三昧です!!

なのになのに・・・息子と娘が交互に来ては
『のどが渇いた』 『お腹がすいた』
『アイス買って』・・・落ち着かない。

お目当てのウォータースライダーが滑れて
嬉しそうでした。 
P1000077_convert_20080803235557[1]

母は 暑いプールサイドで汗かきながらの読書は
ちっとも内容がわかりませんでした。
それに あんなに汗かいたのに 
太ってる・・・なんでだろう??

来年の夏は一緒にプールに行くのかな?
この兄妹??

祈りの場所

8月6日は お仕事なので
今日 平和公園へ行ってきました。

まだ式典の準備の準備段階でした。
080802_1609~01

この芝生に ずらーっと椅子が並び
大勢の方々が 朝からうだるような
平和公園で 式典に参加されます。
本当に 暑いんです。
まるで 原爆で亡くなった方々が無念をわかって欲しいと言わんばかりに・・・

写真は昼間ですが 夕方見たら
もう 椅子がならべてありました。

しかし その暑すぎる平和公園も
木陰は さわやかな風が吹き
ベンチにすわってくつろいでいたら
昼寝が出来そうなくらい快適です。
080802_1608~01

私は 某所で恒久平和を祈り
ちびっ子達と一緒にコーラスをしてきましたが
原爆ドーム前の親水テラスではハッピース主催の 
『祈りの夕べ 2008』 が 開催されていました。
準備の真っ最中。 一番下の娘っ子興味深々!!
080802_1621~01 (2)

毎年 ここでいろんなジャンルの音楽が奏でられています。
祈りの夕べ
↑↑↑(ホームページをご覧ください!)

今日に限ってデジカメを忘れてしまった
ドジな私・・・
本番は薄暗くて 携帯ではあまりとれなかったの
ぐっすん・・・

さまざまな形で 
『世界がひとつになり 争いの無い平和な地球になりますように』と
祈りをささげている 8月の広島ですが
なんだか 『平和記念式典』は 暗くて暑くて
正直に言うと あまり好きではありません。
総理大臣も 広島市長も式典の言葉であって
自分の言葉では 無い気がします。
そんな 形式ばった祈りは
原爆で亡くなった方々に喜ばれない・・・そんな気がします。
上手く言えないんですけどね・・・

8月になると普段より 外国人人口が増えて
どっち向いても外国人だらけの平和公園でした。

もうひとつドジった私・・・
暑さに負けて ジャケットを脱いで
バッグにくくりつけて歩いていたのに
いつの間にか落としてしまい
もと来た場所をくまなく探すも 見つからず・・・
脱いでから300メートルくらいしか歩いてないのに・・・
携帯を出そうとかばんを見ると もう無かった。
不思議だ。

しかたなく肩から太ももをさらし 
歩き続けました・・・とほほ。



プロフィール

miegon

Author:miegon
人生 プラマイゼロ
これからまだまだ楽しめる!
意地っ張りも 泣き虫も
全部ひっくるめて
わたしだもんね

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
国産小麦シリーズ「たいやきさん」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。