スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの頃

陽だまり

昼下がり
コーヒー飲みながら
たわいもない話をしている

あたなの 耳のうしろに
そっと 唇をつけて
囁いてみたくなる

「ずっと いて」

欲しいのは これが日常であること

「今日はさむいね」
窓の外を見つめるあなたの
少しうしろで
肩越しに 見つめる
カーテンのゆれる陽だまり

どうか
この部屋にも
暖かい日差しが届きますように

欲しいのは そんなあたりまえのこと


夕闇が近づくころ
紅く染まる空とわたし

欲しいのは こころなのか体温なのか

海の中のような
淡い闇が落ちてくる
言えない言葉と一緒に
抱きしめている手は
何をさがしているの?

つかみ損ねたかけらを
いまでも探しているのに
見つからないの

陽だまりのように
ゆらゆらして つかめないの

たばこのけむりと一緒に
漂う想いは はかなく姿を消す
つかめたと錯覚しては
涙の海の中へ沈められ
いつの間にか孤島へ流される

欲しいのは いつでも戻れる場所
スポンサーサイト

マダム邸からの帰宅

帰りたくなかった。
いや まじで。

次の日の仕事のことなんか考えたくなかったんだも~ん。

朝寝坊した私が降りていくと
もう 台所に立つ マダム。

主婦の鏡だね。

きっちりモーニングが出てきまして
ほんと 上げ膳据え膳な私・・・
しかもデザートまで!朝の果物は金!

この家の子供だったっけ わたし??
ってな勘違いしそうなくらい

曇り空 天気予報は雨
でもなんだか そんなお天気も似合う
マダム邸。

傘まで借りて 目指すは原宿
太田記念美術館へ浮世絵鑑賞
駅に降り立ち改札を出ると若者の渦

あ~時間があったら 掘り出し物ありそうなんだけど・・・
目がくらむほどのにぎわい
そんな中をすり抜け 裏原を散策したどり着いた。

浮世絵と言えば 葛飾北斎
永谷園のお茶漬けのりのおかげです。
しかし 今回は歌川一門の東海道五十三次や美人画 武者画
歌舞伎役者や花魁たちが出迎えてくれた。

これが200年も前に作られたものだなんて思えないほどの
美しさと迫力で 目の前に迫ってきた。
当時の娯楽(マンガみたいなもの)だったのだろうね~。

「これが版画なんだもん信じられないよね~」 と
マダムさんと 関心することしきり
いろんな表情の絵に魅了された。

そこを出て 少し歩くと表参道だ。

雨にも関わらず 人が多い。
お茶しようと歩くも どこも人だらけ。
ふと見ると ファミレス発見でやっとたばこが吸えた。
(最近 どこ行っても 肩身が狭いよね~)

しばし またおしゃべりをして
刻々と迫る帰宅時間
東京駅へと移動した。
東京駅は広い そしてまだ工事中。
やっと見つけたみどりの窓口で時間を見ると
げっ! 私の降りる駅に停車する新幹線って少ない・・・
5分後か 1時間後・・・

私の未練を知っていたのかのぞみ号は・・・
すんごいお世話になったのに~ろくにお礼も言えないまま
手を振り改札を抜け ホームへ走った。
新幹線の窓から 雨にぬれた東京が見えた。
なんだかさみしい。

会社も経費節減で今まで出張していた会議も
TV会議になっているし 次はいつ来れるのかわからない。
ちびっこが小学生のうちに TDLに連れて行ってやりたいって言ったら
「ウチに泊れば~?」って言ってくださったし
春休みにでもお邪魔しようかな~。

仕事仕事で ささくれていた心を浄化して
ほほえみを与えてくれた 聖母マダムさま 
お疲れになったでしょう?
私は 元気をいっぱいもらって帰りました。
「東京バナナ」とコーヒーとJAZZを聴きながら
思い出し笑いする miegonです。

マダム半世紀さん家への旅

マダム半世紀さんにお会いした。
細くて小さくて愛情深い笑顔の素敵な方。
きゃー♪ 本物だ~。

待ち合わせの駅でお互いにすぐわかって
まるで先週も会っていたのでは??
と 思うくらい自然に会話が弾んだ。
お家までの数分間ですっかり打ち解けた。

お家は 閑静な住宅街にあり
都内なのに自然の多い街で
落ち葉の似合う道をてくてく歩いた。
猫が遊びに来るのが納得できた。
ここを 猫ちゃんたちは遊び場にしているのね。
ついて座る間もなく
マダムさんはてきぱきとコーヒーを淹れてくれた。

写真でみたお家のイメージそのままの
懐かしい雰囲気 何だかすごく落ちつける。
お家だけではなく マダムさん本人も
文章からにじみ出ている 懐の深さや潔さ
小さいけれど肝っ玉母さんの風格
いろんな話をして 感じたのは
なんだか他人とは思えない!
なんとなく似ている気がした。

早めにご飯を食べてカラオケに行こう!と決めた。

てきぱきと夕食の準備をしてくださり
なんだか実家に帰ってきた娘のように
台所のテーブルで手伝いもせずしゃべっていた。
その間にも どんどんコーヒーのお代わりを注いでくださり
私ってば 甘えんぼでした。 てへ。
夕食のメニューはステーキですよ! 肉肉肉
付け合わせのポテトにコーン サラダまで!
本当に 御馳走さまでした。しあわせだわ~(涙)
おなかいっぱいに夕食をいただき
カラオケへ。

トップバッターのマダムさん
中島みゆきの「時代」
かわいい声でマダムからマドモアゼルになってたわwww

さて野太い声で有名な(どこで?)
わたくしmiegonは 高橋真梨子「桃色吐息」
なぜだか 唄うと声が変わる。
話してると低いのでぼそぼそしゃべってもよく聞こえるらしい
(うっかり冗談も言えない。)

女 二人の熱唱3時間 
新しい歌の出てこないまま 
「10分前です」・・・・
意地でも 2曲歌ってやる(←せこい私・・・)
平井 賢 「瞳を閉じて」
そして ラストは・・・
山口百恵 「さよならの向こう側」
早く終われと コールされながら
ソファにマイクを置いて 普通の主婦に戻るために
部屋を後にした私たちでした。

あー よく騒いだ~~。

お家に帰って お風呂を頂いて
そこから また しゃべること数時間

私は前の日に同級生の家(横浜)で呑んだくれていた。
だけど ちっとも疲れないの うれしすぎて。
居心地のいい部屋に 少し慣れてくれた猫ちゃん
話題の豊富な マダムさん
泉のごとく あふれているバイタリティ
次々に訪れる のらちゃんたちにせっせとご飯をあげ
話しかけている マダムさん
見ているだけで 口元がほほ笑んでしまう。
もう 帰りたくない・・・。
明日 帰るのなんてやだ~。


自分のベッド以外で こんなに眠ったことない!
いや ほんとに。
ブログで見た「海の部屋」
癒しだ。 ブルーは落ち着く。
時間が止まっているような 感覚

ああ ここは海の底・・・・

いつの間にか 眠っていて
起きたら10時過ぎ・・・
私ってば・・・7時間も寝ていた・・・

朝食をいただき 息子1くんの手作りのケーキもいただきました。

会ってから 24時間経ってないのに
どんだけ~ってくらいの おもてなし。

ああ 本当に ありがとうございました。
感謝感謝です。
東京が 私の実家になった記念日

これからも よろしくです。

お出かけから 帰り着くまでは また後日♪




100周年

昨日 16日日曜日
ちびっこの通う小学校の100周年記念行事でした。

朝から100周年記念式典があり
皆さん正装でいつもと違う雰囲気
後ろでこっそり・・・と思っていた私の姿は・・・
ジーンズ・・・あぁ 来るんじゃなかった。

式典の後 学習発表会にすぐ入るのかと思って
いい場所をゲットしようとして
場違いな式典に入ってしまった・・・。

おかげさまで最前列をゲットしました!!

3年生と5年生なのに 
なぜ プログラム1番から見るのか??

それは ジュニアブラスがトップバッターだからである。

長女がやっていたので
ついつい応援したくなるのだ~。
下の娘にもお勧めしてるのだが・・・
やってくれない。

金管楽器なんてなかなかやろうったってできないでしょ?

長女たちの頃はあちこちのイベントに呼ばれて行ってたから
恥ずかしくないように って 
礼儀も厳しかったし 何より練習が厳しかった。
その ぴりっと張りつめた緊張感が
本番で実力が出せるいいスパイスになっていたように思う。

前は4年生からだったクラブだが
今は児童が少ないから3年生からになり
大所帯になった。

多い分音がまとまらないが
かわいい子供たちの一生懸命が伝わってくる。
「ジュピター」「シンコペイティッド クロック」
よく頑張ったね。

そこからは 1年生から順番にスタートだ。
3年生 末っ子の出番!
お家でも一生懸命練習していたリコーダー
「アメイジンググレイス」
合唱「はじめまして」「お菓子の好きな魔法使い」
合奏「崖の上のポニョ」
合奏でははじめてマリンバを演奏した末っ子
最前列の母を 見て見ないふりをして平静を装っていましたが
「なんで見ないの?」って聞くと
「だって恥ずかしいもん」だって~~。

さて5年生は 一番人数が多いので
歌の迫力とハーモニーには入学当初から太鼓判ものでしたが
今回は 3部合唱に挑戦ということで
楽しみにしていました。
合唱 「涙 そうそう」 難しい歌ですがきちんと
歌の意味をかみしめながら唄えていたと思います。
次は アカペラで 「WINDING ROAD]
声がきれいで そして ハーモニーもリズムもいい。
いっぱい練習したんだね。
そして合奏です。
スイングガールでおなじみの 
「SING SING SING」
そうです! アレですよ! アレ!!

軽快なパーカッションから始まって
鍵盤ハーモニカ リコーダー オルガン アコーディオンが一斉に
有名なフレーズを奏で始める。
鳥肌もんだ!!
ジュニアブラスの子たちがいるから JAZZになじみがない子たちも
この軽快な裏打ちのリズムにすぐ慣れたそうだ。
会場も手拍子で ノリノリ
なんと ソロパートもあり ステージングあり
最後にはみんなで上下左右に楽器を振りながらの演奏で
感動のステージでした。

すごいなぁ 子供たちって!

いつも 遊んでるこたちの表情もきりっとしてて
なんだか 見直しちゃった!!

無事 全学年終わり
休憩をはさんで(子どもたちはおべんとう)

次は100周年記念イベント第2部
お向かいにある中学校の体育館で
「広島交響楽団」の演奏会!!

これもまた 普段聞くことのないプロの演奏を
しっとりと聴かせていただいた。
たっぷり 1時間きけて格安だった。

100年という節目に在籍できたことで
こんなイベントに参加できたちびっこたち。
大きくなっても誇れる学校の一員である自覚が
ほんのちょっぴり感じられた一日でした。
ああ 大きくなったんだね~(しみじみ)
毎回 進歩している子供たちには
やられっぱなしだ。涙でちゃう。

今日(17日)は振替休日 21日も振替休日
そう 土日とも学校に行ったので・・・

おかげさまで 弁当も作ったし~
かあさんにも 振替休日ちょうだいな。

芸術の秋は 眠いのだZZZzzzzz

あ!! 記念に貰ってきたこれこれ!
081116_1609~01

虎屋 特注どら焼き
おいしかった~。

食欲の秋も ついでに満喫なのだ!
(やべぇ・・・ ダイエット中だった・・・)


ついでに ひとこと!!
「ビデオ撮影は 決められた場所で! って書いてあるだろう!!
読めねーのか? 子供たちの前で ルール破らないでくれる?
そんなんで 子供たちに何教えるの?」

ごくごくふつーの 真面目そうな人が案外守りません。
自分の子供の映像残すことしか考えてない?
これが なければ・・・最高の行事でした。

保護者が とほほってありかよ。

少しだけ

ダイエットの成果が出てきました。

といっても 体重はあまり変わらずなんだけど・・・

いつもお仕事ではいているパンツが少しゆるい~。
やった~~!!

なかなかエステに行けないので
おうちでリンパマッサージをやってます。
すごくむくむので 足を入念にマッサージ
手先から二の腕 そしてウエストまわり
首筋からデコルテをゆっくり流していきます。
肩から背中ができないのが残念ですが
ずいぶん違います。

むくみが減ったので 疲れてるけど体は楽。
肩の凝りも少ないし~体も冷えてない。
食事は相変わらずの野菜中心の塩分控えめで。
体を温める食材をよくとるから
それも いいのかもしれません。

脂肪プラス老廃物で
私は包まれていたみたいです。

できれば 愛で包まれたいもんです。

本格的に寒くなる前に
この 「冷え」 と 「むくみ」 に
さようならしたい miegonです。

明日は 企業商談の日

勝負スーツで挑みます。
心配です・・・。



どうか着られますように(そこかい!)

ぼびぃの紙芝居

忙しくて 1週間も経ってしまった。
先週の日曜日 いつもの図書館へ行ったら
こどもフェスティバルっていうのが開催されていた。

勾玉つくりとか 工作教室 寄せ植え体験コーナー
図書館の中でも 専門学校のファッションショーがあったり
おもちゃの病院(シニアボランティアが直してくれる)
野外ステージでは ちびっこたちのダンスなど
出し物があり 食べ物のブースもあった。

ダンスを見てみようと芝生広場を歩いていると・・・

あーぼびぃだ!!
ステージの下にセッティングして スタンバってるぼびぃ発見!!
AKIRAさんの 尾道LIVE&ネアリカでご一緒して以来だ。

ぼびぃは北海道出身
多摩川河川敷で暮らした経験もあるアーティスト&紙芝居作家である。
081103_1238~02

ぼびぃの絵は とっても鮮やかで かわいくて 
ストーリーも 素朴でやさしい

ぼびぃのギター&ハープと
子供のこころをつかむ コスチュームで
歌って踊る 紙芝居
高い声でゆっくり語る ぼびぃの声も
紙芝居の醸し出す雰囲気と合っていて
シュールで おかしくて とてもいい。

AKIRALIVEのときに
オープニングアクトで初めてみて
ちびっこに見せてやりたいと思っていたから
なんか うれしいな♪


娘と一緒に写メ撮ってもらいました。
081103_1302~01

こうみると いかつい髭の兄ちゃんみたいだが
すごくシャイな 好青年
やさしい目をしたかわいい人だ。
左は奥様?か 彼女か?
いつもいっしょだ。(うらやましい)

世間は狭いもので
AKIRALIVEのあと タケちゃんと行ったsammys kitchenは
ぼびぃも知り合いらしく よく行っているらしい。

こんどまたLIVEがあったら
ゆっくり話したい。

最近は あちこちのイベントに呼ばれてるみたいで
ぼちぼち忙しいらしい。
がんばれ ぼびぃ!!

晩ごはん

忙しい・・・
今週は3回も80キロ離れた支社でお仕事でした。
毎日9時まで仕事している。
4日なんか 朝9時20分始業時間までに行かなければならず
家を7時15分に出た
車で片道 1時間半
なのに夜 帰れない。
もちろんサービス残業だ。

今日も 支社だったので遅かった。
途中 電話があって まだ遅くなると言ったら
娘がバイトが休みだったので 来てくれた。

今日のメニューは大根と水菜のサラダ
大根とほうれん草の味噌汁
豚バラとピーマンの甘辛煮
ホタテとキノコの炒め物

豪華だwww

帰ったら娘二人で温めてくれた。

バイトで鍛えていろいろ作れるようになったが
少し味が濃かったので
ご飯ではなく ビールにした。

せっかく作ってくれたから
ダイエットはお休みで
楽しくいただきました。

明日も 支社へ行かなければならないので
二人で 明日の下ごしらえをした。

せっかくの休みに 働いてくれたけど
材料代は受け取ってくれなかった。
仕方がないので 家にある化粧品をあれこれあげた。

「出かけま~す」 と言って私の知り合いのLIVEに行った。

ほんとに助かった。

ちびっこたちは 大好きなねえちゃんとご飯を食べて
ひっくりかえった部屋の片づけもして
待っていてくれた。

20年苦労した甲斐があったというもんだ。

できれば来週もお願いしたい。



どうなん?

ひそかに上京しようと企てていたのに
元彼くんに 友達経由でばれていた。

「なんで 来るのだまってんの?」
って メールが入っていた。

びっくりした。

「いつも 忙しいからさ~また今度もダメだったらさみしいし・・・」

今月も来月も毎週末は出張らしい。

「ほら~忙しいでしょ?」

知らなかったことに 怒ってるのか?
それとも 行くって言ったらあけてくれんのか?

そういう思わせぶりが 私をあせらせるんだよ~。

「どっちにしても 来るなら あけるから」
「ありがとう。 でも 今回はいいの」
「どこいくんだ?」
「女友達のとこに いくの!」

この会話どうなん?
友達の会話じゃなくない??




距離

どっちの石が 多く跳ねるか
競い合って
ムキになって
2月の 海べりの風は
指先を凍えさせているのに

「これ 持ってろよ」
パープルのダウン投げつけて
記録更新のたびに 
得意げな笑顔

「鼻が赤いよ」って
からかったお返しは
首筋に氷の手のひら
目をつぶってポケットに手を突っ込む横顔
そのうでに からみつく自分を
思い浮かべるけど
その ぬくもりはわからない
感じられない せつなさ

この日のこと 笑って話せるように
保つ 友達の距離



先日 古いものを片付けていたら
出てきたノートの端っこに
書いていた 詩を見つけた。
元彼と 付き合う前に書いた詩だ。
好きだったんだな わたし。
忘れてた(笑)

彼は転勤族 
赴任してきた当初から同級生ってことで
気があってよく遊んでいた。
私は ×1子持ち
最初の1年は お友達でした。
「好き」と 言われたのは 一度きり
逢えるのは 平日休みが一緒の日の昼間と
私が日曜出勤で子供を預けている
土曜日の夜だけ
私に対して 執着を持ったことなどないと思う。

あの頃撮った写真も出てきた。
若い・・・若かったんだ~。



I'm sweet

君の部屋で いつも聴いていたから
好きになった たくさんのmusic

逢う日はお気に入りの一枚と
ジンとピザ

ここにいるだけで
何も話すことなくても
よかったよね

口ずさむところが
いつも同時で
クスクス笑ったね

ちょうど眠りに落ちる頃
7番目のlove song
時間が来るまでの
二人だけの世界

寝顔にkissして
そっとドアを閉めて
星空にすいこまれていく白い息
好き・・・と呟いても
はかなく消えていく

合鍵の鈴の音がする




また 悩むじゃんか。

プロフィール

miegon

Author:miegon
人生 プラマイゼロ
これからまだまだ楽しめる!
意地っ張りも 泣き虫も
全部ひっくるめて
わたしだもんね

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
国産小麦シリーズ「たいやきさん」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。