スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おのぼりさんが行く~美術館めぐり~

P1000515_convert_20080731003551[1]
大好きな美術館めぐりをしてきました。

まずは『国立新美術館』 
素敵な外観に まず感動!!
うすいグリーンのガラス張りがとても涼しげで
酷暑の中 赤坂のホテルから歩いてたどり着いた
疲労も吹き飛びました。
『めっちゃ きれい!』 しばし見とれていましたが
なんせ暑い 中に入ろう。

P1000513_convert_20080731004320[1]

エントランス前にまあるいお屋根
なんと傘置き場
美術品を守るために 武器になるものは持ち込み禁止??

お庭にはたくさんの木が茂っていて 
風が気持ちいい。

中に入ってみると ぐわーんと吹き抜け
『広い 高い うわっ! あんなところにカフェ?』
見上げた 一番高いところがカフェになっています。
田舎者は 口をポカンとあけて上ばかり見ていました。
独り言を ぶつぶつ言いながら・・・

上ばかり見ていたので 前をみてもっとびっくり
『ここは どこかの駅なのか?』
ラッシュです? 
人ごみを掻き分け 取り合えず
のどかわいた~!ってことで お茶しましょ!(これも独り言)
まあるくなった窓際側がずら~っとカフェになっていて
外の木々の庭が静かにゆれている
迷わず外にでて 木陰のテラス席をゲット。
P1000511_convert_20080731005948[1]

ね! 気持ちいいでしょ。

すずめが 慣れた様子でテーブルに上ってきます。
『ごめんよ~あげるものはないのよ~』

たくさんの展示がありました。
その中で アボリジニの女性
『エミリーウングワレーさん』の展示にひかれ中に入りました。

もともとは バティック(ろうけつ染め)やアボリジニの方々の
顔や身体に描いている ボディペインティングをされていた方で
詳しくは書きませんが 後にカンヴァスに描かれるようになられ
80歳を過ぎても 大きなカンヴァスに力強い絵を描かれていました。

故郷の風景を生涯愛し描きつづけておられました。
抽象画なのに 
その故郷には風が吹いていました。
土ぼこりがたち 女達が子どもを育て
花が咲いて 緑のにおいがしました。

とても大きなバティックの前で
私は 涙を流していました。

『私には 帰りたいと切望するような故郷がない』
悲しいのではなく ないのに帰りたがっている
自分の立ち位置に 涙がでた。
しばらく 動きたくなくて
1時間くらい座り込んでいました。

色彩の自由さと 自分達のルーツに
プライドをもった彼女の生涯のすさまじさに
あこがれた。

P1000512_convert_20080731012958[1]

ロビーには さまざまなデザインの椅子があり
余韻を楽しむかのように みんなくつろいでいる。
私も お気に入りの椅子に腰掛け
建築のすばらしさを眺めて過ごした。

外に出てみると これまたすばらしい建築物がありました。

P1000514_convert_20080731013551[1]

何かの研究所でした。(忘れました)

一日中でもここに居たい。

でもでも! 明日は帰っちゃうんだから
もうひとつ 行っちゃおう!

ミッドタウンのガーデンにある
21-21 
デザインのミュージアム
『祈りの痕跡』という展示です。

ここも建築がすばらしくて もう帰りたくなくなってしまいました。

不思議な空間でした。怪しいともいう。
人間ってすごいなーと 改めて思った濃い一日でした。

都会はすごい! 
こんなすばらしい美術館が まだまだあるんですよね?
次にくるときは 森美術館とサントリー美術館へ行くつもり。

大好きな人は マティスが好きで
趣味が似ている。

一緒に来たかったなあ・・・

ひとり気ままな旅は 充分楽しかったですが
感想を言い合える人が欲しかった miegonでした。


スポンサーサイト

Comment

No title

僕がmiegonをお誘いするなら、
品川の原美術館ですかね。

No title

美術館、しばらく行っていません。
出かけるのが面倒で‥テヘッ。

でも、その場でしか味わえない感動がありますよね!
涙が出る‥それもカタルシス。
良い感動でしたね♪

No title

コメントありがとうございます。リンクまでしていただいてるようで・・・本当にありがとうございます。会話の録音は裁判の証拠としては弱いですよ。カセットテープは加工出来ますから(笑)所有者が会話内容をメモする代わり程度ですよ。

トレビアン西さまへ

そんな大げさな話し合いではないんですけどね・・・
威嚇してるっぽい感じで
他の役員さんたち みんな怖がってしまって・・・
坊主の親父さんの代のときに
職員へのセクハラとか 
お金の使い込みとか いろいろとあった保育園でして
『では はじめます。』といったら
テーブルの真ん中に ゴン!! と
だされてしまって 『にやっ』 と笑ったんです。
こ 怖い・・・。
びびったぜ。

No title

私ならビビりません(笑)その前に電話の会話録音するかな?録音コードは1500円~2000円くらいだったはずですよ。こちらも馬鹿笑して、録音したら良かったのに。

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

miegon

Author:miegon
人生 プラマイゼロ
これからまだまだ楽しめる!
意地っ張りも 泣き虫も
全部ひっくるめて
わたしだもんね

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
国産小麦シリーズ「たいやきさん」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。